2019.6.1・2  豊かな暮らしのための家づくりセミナー

あっという間に6月も終わりに近づき、またまたブログを更新するのが遅くなってしまいました。

6月1日・2日と前回と同様にLIXIL広島ショールームにて、

【豊かな暮らしのため家づくりセミナー】を開催しました。

今回も2日間で7組限定という少人数での開催でしたので、

ご参加いただいた方々と双方向で進めさせて頂きました。

セミナーは限られた時間の中ではありますが、家づくりの第一歩として、

非常に大切なことを、お伝えしております。

次回のイベントも考えておりますので、今回ご参加できなかった方も

是非お運び頂けますように、また告知させていただきます。

ご参加いただいた皆様、真剣にお話を聞いて下さり誠にありがとうございました。

皆様の家づくりが、成功致しますように、今後ともお手伝いさせて頂きます。

窓ガラスと快適な空間②

さてさて、【窓ガラスと快適な空間①】のつづきです。

窓ガラスの種類について

・一般的なフロートガラス
最も一般的な、特に機能を持たない透明なガラスがフロートガラスで、
多くの建物で使われています。値段も安価で、割れてしまった場合も、
多くの業者が在庫を持っているため、即日交換ができる場合が多いです。

・目隠しの型板ガラス
家が通りに面していたり、隣の家との距離が近かったりする場所に
使われるのが型板ガラスです。型板ガラスとは、ガラスの片面に模様を
付けたガラスで、いくつかの模様のパターンがあり、食器棚などに
使われていることもあります。

・すりガラス
型板ガラスのように目隠し用途などで使われるガラスです。フロートガラス
の表面に金剛砂などで細かい傷をつけているので、ガラス表面が
ザラザラしています。細かい傷があるおかげで、通過する光が拡散して
やわらかい印象の光を作り、上品で落ち着いた印象になるため、和室
などでよく使われています。逆に、ガラス表面に細かい傷があることで
掃除がしづらいため、浴室や洗面所などでは敬遠されることもあります。

・フロストガラス
すりガラスと見た目は似ていますが、加工の仕方の違いから、表面が
滑らかになっています。すりガラスの表面がザラザラしているのに対し、
フロストガラスの場合は滑らかなため、汚れがついても掃除しやすいという
メリットがあります。

・防火ガラス
お家を建てる場所によっては、都市計画法で防火地域・準防火地域に
指定されていることもあります。防火地域では、建築基準法で窓ガラス
などに防火設備ガラスを使う必要があります。
多く使われている防火設備ガラスが、比較的安価なガラスの中に
ワイヤーが入っているガラスです。ただ、ワイヤー部分が錆びて起こる
錆び割れや、ガラス全体の温度差によって起こる熱割れが起こりやすく、
また、ワイヤーが入っている見た目が不恰好だという見方もあるため、
最近ではワイヤーの入っていない透明な防火・耐火ガラスを選ばれる方も
増えています。

・防犯ガラス 
泥棒の多くは、窓ガラスを割って侵入するため、防犯対策を強化する
お宅では窓ガラスに防犯合わせガラスというガラスを使っています。
合わせガラスとは、2枚のガラスの間に特殊な中間膜を挟んで作られた
防犯や防音効果を付加したガラスです。

・ペアガラス
ペアガラスは複層ガラスとも呼ばれ、2枚のガラスの間に中空層と呼ばれる
空気やガスの層を作り、室内と室外の熱の移動が抑えられる断熱機能を
備えたガラスです。
この断熱効果のおかげで、冬場に暖房を付けても部屋が中々温まらない、
冷暖房費が高い、暖房をつけると結露が発生して掃除が大変といった
悩みを抑えることができます。ただし、断熱効果を高めたい場合には、
気密性の低いアルミサッシではなく樹脂サッシなどを使う必要があります。

・Low-eガラス
ペアガラスの中空層側に、Low-e金属膜加工という特殊な加工を施した
ガラスがLow-eガラスです。加工する面によって、遮熱タイプと断熱タイプ
に分けられ、Low-e加工を室外側にした場合は遮熱タイプに、室内側に
した場合は断熱タイプになります。
夏の西日などによる日射熱で部屋が暑いといった場合は、遮熱タイプの
Low-eガラスにすることで日射熱による温度上昇を抑えることができます。
ただし、冬場の日射熱も遮ってしまうため、冬場に部屋が寒くなってしまう
といった場合は、遮熱タイプではなく断熱タイプが選ばれます。
もちろん、ペアガラスと同じように結露対策にもなります。

・真空ガラス
ペアガラスの間が真空状態になっているのが、真空ガラスです。高い
技術で作られている分、高価格ではありますが、空気が存在していない
ので、非常に高い断熱効果があります。


住宅ではあまり見かけませんが、熱線反射ガラスというものもあります。
よくビルとかでみかける外観が鏡のようなガラスですね。
金属酸化物がガラス表面につけてあります。


最近の新築住宅では、Low-Eガラスが主流になってきていますね。
【素敵空館】の窓ガラスもLow-E仕様となっています。

もちろん、ご希望や設置場所によって、目隠し効果の高いガラスがよいとか
防犯ガラスがよいとかご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお尋ねください。

 

窓ガラスと快適な空間①

まだ5月だというのに、暑い日が続いていますね。
予報では、6月は7月8月並みに暑くなるのでは・・なんて言われていますけど、 
少しでも家の中で快適に過ごすために、窓ガラスのお話をしたいと思います。

窓ガラスと快適ってどう関係があるの?と思われた方も多いと思います。

実は、とっても密接な関係があるのです。

住宅での開口部(窓)の果たす役割には、採光・日射・通風・換気・眺望等が
あげられます。
一方で、1年を通して快適な環境を確保するためには、窓の断熱・日射遮蔽・結露対策が
欠かせません。
というのも、夏に開口部から熱が入る割合は、なんと71%なのです。
ちなみに、屋根 9% 外壁 13% 床 2% 換気 5%だそうです。

また、冬は開口部から熱が逃げていく割合が、開口部が48%なんですね。
屋根は6% 外壁 19% 床 10% 換気 17% となっています。


窓ガラスを断熱・遮熱することにより、快適さは大きく違ってくるのです。

窓ガラスにも多くの種類があり、
用途によってどの窓ガラスを選べばいいのか違いがあります。

とっても長くなりそうなので、続きは、【窓ガラスと快適な空間②】をご覧頂ければ有難いです。


お子様がのびのびと暮らせる家

なかなかブログを更新できないまま平成が終わり、令和という時代が幕をあけました。
この新しい時代に皆様にとって、少しでもお役に立つようなお話を少しずつアップしていきたいと思っております。

今日は、【子育てにおススメの仕様】についてお話しようと思います。

 家探しをされているお客様が、お住まいの購入を考えられるときに、初期の段階で迷われることの一つが「マンションにするか戸建てにするか」 だそうです。
私たちはお仕事として、お客様のお住まいを「自由設計の戸建住宅」 という形で作らせていただいていますが、もちろん、マンションにも 「共用部分の管理が楽」
「駅に近い場合が多い」といったようなメリットも あります。

 そういった中、先日当社を訪ねられたご家族は、30代のご夫婦と1歳の お子様の3人家族でした。
こちらのご家族のような、いわゆる「子育て世代」の ご家族は、当社にお問い合わせをいただく中でも最も多い方たちです。
子育て世代のご家族の中で、戸建て住宅をご検討される方たちから、 私たちが最も多く頂戴するご希望の一つが、「お子様がのびのびと 暮らせる家」です。
マンションではなく、戸建てをご希望される理由は、「子供が家の中でも走り回れるようにしたい」ということを多く伺います。

 たしかにマンションなどの集合住宅では、階下や隣の部屋のご家族に気を使い、部屋の中で走り回るなんてことは、なかなかさせられないですよね。
その点、戸建て住宅の場合、もちろん限度はありますが、ある程度 お家の中を走り回ったとしても、隣の家までダイレクトに音が響く という事は少ないです。
もちろん階下の別のご家庭に迷惑をかける という事もありません。
だからこそ、このメリットをさらに活かすため、家中で最も広いリビングの作りに関して ご好評をいただいている仕様があります。

<子供がのびのび過ごせるリビング>
・1Fリビングと和室を広い間口と引き戸でつなぐ
  1Fに和室などリビング以外の部屋を作る場合、その部屋とリビングを広めの間口と引き戸でつなぎます。お子様が走り回りたいとき、リビングと
  和室の間を開け放せば、1つの大きい開放的な空間ができます。
  仮にリビングが15帖、和室が4.5帖だった場合、扉をあけ放つことで約20帖の空間ができます。
  逆に、お客様がいらした場合などは、扉を閉じて来客スペースに使うことができます。

・リビングの床の高さを一部変える
  床の高さを少し変えることで、同じお部屋の中でも少し独立した雰囲気を演出できます。
  少し高くすると、キッチンのお母さまから見ても目が届きやすくなります。
  また、少し低くし、地窓からの採光で特別感を演出することもできます。

・リビングの床を無垢材で作る  
  自然のぬくもりを感じ、裸足で気持ち良く過ごすことができます。
  また 化学物質を使わない健康的な住まいになります。

弊社では、戸建ての強みである、「お隣さんや階下の家庭に迷惑をかけることが 少ない」このメリットをお子様のために最大限生かせるよう、
間取り構成 などをご相談させていただいています。
是非お気軽にお問い合わせください。

豊かな暮らしのための家づくりセミナー開催

3月23日・24日の2日間 LIXIL広島ショールームにて
『豊かな暮らしのための家づくりセミナー』を開催いたしました。

19.3.23seminar1.jpg
しっかりご理解頂きたいという思いから、2日間で7組様限定という少人数での
セミナーでしたので、和気あいあいと双方向でお話ができました。
また、会場では大切な家づくりに関する情報や私共の家づくりに対する思いなど
いろいろな掲示物を飾り、参加された方にしっかり見て頂くこともできました。

19.3.23seminar2.jpg
家づくりをするうえで、一番大切なことは、
『家族が明るく楽しくずっと暮らせる家づくり』です。
そして、それを実現していくことが、家を提供する側の使命だと
私たちは心から痛感しております。
この2日間のセミナーにご参加くださった皆様にとって、
このセミナーがその第一歩になれば心から嬉しく思います。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。


次回のイベントも考えておりますので、今回ご参加できなかった方も
是非お運び頂けますように、また告知させていただきます。