おうちとリモートワーク

広島でも在宅勤務やリモートワークを行う人が増えてきましたね。
4137880_s.jpg

大人の会社員だけではなく、学生の子供たちもリモート授業が始まって、
中にはたくさん宿題が出ることもあるようです。

ちなみに私の甥は、去年大学に進学しましたが、一度も通うことなく
いまだに、リモートで授業をうけております・・

リモートワーク、リモート授業の良い所は、
インターネットが繋がっていれば家中どこでも好きな場所で
仕事や勉強をすることができる所です。
通勤・通学もなく、集団にもならないので安全性も高いですね。
3363774_s.jpg                                           
一方で、プライベートの切り替えが難しい。
やる気スイッチがなかなか入らない。など、
普段リラックスして過ごしている自宅だからこその問題もあります。

自宅で仕事や勉強をする時は、
場所と作業を紐づけると良いです。

勉強は勉強部屋、仕事は仕事部屋、というように
部屋で仕切ることができれば勿論良いのですが、
必ずしも部屋が確保できない場合もあるかと思います。

そんな時は、例えば、
リビングでは勉強をする、和室では休憩をする。
リビングのこの机では仕事をする、ソファでは休憩をする。
など出来る範囲の中で、メリハリをつけるのも有効です。

お父さんもお母さんもお子様も、家族全員が
家の中でそれぞれの仕事や勉強をすることは、
今回のウイルスが落ち着いても、働き方、学び方の1つの方法として、
定着していくかもしれないですね。

これから新築住宅やリフォームをお考えの際、
こんな設備はいかがでしょうか。

・お子様が家にいても声が入りにくい防音の仕事部屋
・リビングに自然素材の勉強机
・ドアは仕事や勉強をしていても家族の顔が見える窓付き
・ロフトやサービスルーム、奥様の家事ルーム、中2階など、

家族がそれぞれ過ごせる空間を間取りにプラス

_DSC0516.jpg_DSC0465.jpg                                  
弊社の注文住宅・リフォームでお客様のご希望を叶えましょう!
理想の住まいについてご要望をご相談ください。

日本人が考え出したスタイル、『畳む』

日本の生活の中では『畳む』ものがたくさんありますよね。


それは、服に限らず

寝具・テーブル・座卓・和服・扇子・傘・風呂敷・提灯

衣桁(いこう)※衣類をかける道具 など、、、
衣桁.png

数え上げるとキリがありません。

畳む事の利点は、おおまかに3点あり

・コンパクトになり
・運びやすく
・収納しやすい


この 『畳む』 という特徴をいかして、部屋を有効に使っているのが

日本人の特徴とも言えるそうです。

朝は布団を畳んで押し入れに収納し、

押入 布団.jpg






代わりに小さな机をだせば、寝室から食卓へ早変わりし、

和室 ちゃぶ台.jpg







机を少しグレードアップさせれば客間となり・・・

和室.jpg


押入れ付の部屋ひとつで、充分に暮らせる

昔からの知恵が日本人にはあります。

これに対し、西欧の家具は部屋の機能を固定してしまうので、

ベッドルーム、リビング、、、、

必然的に、部屋数が必要になってきますね。


部屋の機能を家具で固定するのと、

状況に応じて変化させるのと、

どちらが優れているのかは、考え次第だと思います。


大きな家で、部屋数がある家も勿論の事、良いのですが

昔ながらの日本の家の使い方を見直して、

最大限に使える、部屋の使い方を考えるのも

家造りをする仕事に携わる、

私自身の、ひとつの楽しみとも言えます。

ワンルームひとつにしても、

折り畳む家具を使えば、決して狭い空間ではなく

生活をするにあたり、最大限に使える、住まう方だけの

心地良い空間を生み出してくれる事もあるのではないでしょうか。

日本人が考え出したスタイル、『畳む』

小さな事にも意味があるんだと思わせてもらえる

大切なキッカケとなりました。


間取りを作る際には、今の暮らしから考えていくことも必要ですし、

将来的に必要になってくるものも考える事が大切ですね。

今の暮らしの様子と、将来的な望みや希望、快適に暮らせる家造りを

わたくしどもに、是非お聞かせください。

暮らしやすい間取りのために ♪

階段の位置についてリビングを通るかどうかは、弊社のお客様の中では半々ぐらいですが、
今回は、ライフスタイルに合わせた階段・部屋の配置について、
メリットやデメリットと一緒にご紹介します。

1.家族とのコミュニケーションを大切にする方へ
 ~玄関からリビング・ダイニングを通って各部屋へ行く部屋配置
IMG_9083.JPG IMG_9091.JPG                         
玄関から家に入ると、まずリビング・ダイニングがあり、
そこから和室や風呂・トイレ、2階への階段へ通じるタイプです。
2階は子供部屋や主寝室となります。

この間取りでは、外から帰ってきて自室に行くときや、
移動の際に必ずリビング(ダイニング)を通るため、
家族で顔を合わせる機会が多くなります。


そのため、親(母親)が子供達の動きを把握しやすく、
家族の知らない間に外に出ていったり、
いつの間にか帰宅していたりということ少なくなります。

動線か重なることで顔を合わせる機会が増えるので、
家族間でのコミュニケーションが増えます。

また、廊下スペースが少なくなるので、
その分リビングが広く使えるというメリットもあります。


ただ逆に、家族がお風呂に行く場合などにも、
家族がいるリビングを必ず通るため、家族1人1人の生活を
大切と考えるご家庭には不向きかもしれません。

来客者が来た時場合や宿泊する場合に、
生活の中心であるリビングを必ず見られることになり、
お互いのプライバシーが守られにくい間取りでもあります。

2.家族一人ひとりの生活を大切にする方へ
 ~玄関から直接各部屋へ通じる部屋配置
0016.JPG 0014.JPG                                                   
                                                                                                                                 
玄関から家に入ると、廊下を通り、リビング・ダイニング、
階段、和室、風呂・トイレといった各部屋に直接行けるタイプです。
2階は子供部屋や主寝室となります。

この間取りは、家族各々のプライバシーを守りやすい部屋配置です。
子供に静かな勉強部屋を与えたい、
親の仕事の時間が不規則なため家族に生活を干渉したくない、など
1人ひとりの生活を大切にしたいと考えるご家族向きです。

また、来客があったり宿泊したりする場合にも、
お客様のプライバシーが守られやすい構造です。

しかし、親が子供たちの行動を把握しづらく、
子供が知らない間に外に出たり、帰ってきたりしている、
また廊下が必要なため、その分のスペース確保が必要になる、
といった懸念点も出てきます。

3.来客を大切にしつつ家族コミュニケーションも大切にしたい方へ
 ~玄関から直接リビング・ダイニングと和室へ通じ、
  リビング・ダイニングから他の部屋へ通じる部屋配置
DSC_0018.JPG
玄関から家に入るとリビング・ダイニングと和室それぞれに行け、
リビング・ダイニングからを通り抜けて風呂・トイレや
2階に通じる階段に行けるタイプです。
2階は子供部屋や主寝室となります。

先にご紹介した1.2.のメリットを併せ持ち、
来客を大切にしつつ、家族のコミュニケーションも大切にできます。
ただし、来客が宿泊してお風呂を使う場合や、トイレを使用する場合は、
リビングに入らなければなりません。

この部屋配置は、応用をきかせることができ、お風呂やトイレは、
来客がリビングに入らずに使えるよう廊下の先に配置したり、
また子供が外から汚れて帰ってきた時に、汚れをリビングに
持ち込ませずそのままお風呂に行けるように
玄関からすぐにお風呂だけを配置したりすることもできます。


これらのように、私たちは弊社を訪れて頂いたご家族様の数だけ間取りは
存在するものだと考え、お客様のこれまでのライフスタイルや、
これから希望するライフスタイルを細かく伺うことで、お客様
一人ひとりにとって最適な間取りをご提案できるよう努めております。

新年のご挨拶

新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は、多大なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。
2021年も社員一丸となり全力を尽くしますので、
引き続きご支援いただきますようお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

             素敵空館 スタッフ一同

年末年始の休業のお知らせ

 今年も素敵空館にご縁を頂きましたことを感謝いたします。
誠にありがとうございました。

 誠に勝手ながら12/29(火)~1/5(火)の間、営業をお休みさせていただきます。

休業期間中にいただいたお問合せにつきましては、営業開始日から順次回答させていただきます。
皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

来年も皆様のお役に立てるようなイベントや企画を考えておりますので、楽しみに待っていてくださいね。

どうか良いお年をお迎えください。

緊急事態宣言を伴う新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に関して

【緊急事態宣言を伴う新型コロナウィルス感染拡大と予防への対応について】

4月7日に発令されました、政府の緊急事態宣言を受け、感染防止対策を強化することに
いたしました。
この措置は発令が解除されるまで継続します。

また、日頃よりご愛顧を頂きまして、心より感謝申し上げます。
新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さまには、謹んでお見舞い申し上げます。

素敵空館(株)STWは、お客様の安全を第一に考え、
そしてスタッフが安心して働けるよう対策を講じております。

《従業員について》
・出勤前に検温を行い37.5度以上の発熱があった場合は出社禁止とし、
 在宅で様子をみるとします。
 1週間経過しても症状の改善が見られない場合は、保健所へ連絡し判断を仰ぐとします。

・同居の家族に同様の症状がある場合、また第三者の罹患者との濃厚接触者となった場合も、
 上記と同様の措置を行います。

・日々の出社人数は最小限に抑え、三密(密集・密接・密閉)にならないように対策を
 行います。


《お客さまへご協力のお願い》
・テーブル、ドアノブなど接触が多い箇所について、消毒を行います。

・スタッフはマスク着用をしておりますが、マスク不足状況により徹底できかねる場合が
 ございます事をご了承ください。

・各場所には消毒用アルコールを設置しております。ご来社の際は手指の消毒を
 お願い致します。

・またご来場の際は、体調をご確認の上お越し頂きます様お願い致します。

・お客様のお打合せ状況やパソコン使用環境に応じて、可能な限りビデオ会議を活用しながら
 進めさせていただきます。

・パソコン・ネット環境をお持ちでない方には、個室でのお打合せを準備させて頂きます。
 その際は、10時、13時、15時30分の時間枠に限り、1家族様のみのお打合せと致します。

・担当者は一日朝と晩の2回検温を行い、体温が37度5分以上の場合は出社を控え、
 打ち合わせの中止、延期となる場合がございます。
 連絡が当日になる場合もございます。何卒ご了承ください。

《現在進行中の工事について》
工事については、作業員が極力複数入場しないようなスケジュール管理、作業員の体調管理の
徹底をしていき、出来るだけ予定通りの工程で進めてまいります。

以上のことを行うとともに、政府、自治体、状況の動向に注視し、
臨機応変に対応して参ります。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただき、夢のお家づくりを
引き続き安心して行っていただけるよう最善を尽くして参りますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019.6.1・2  豊かな暮らしのための家づくりセミナー

あっという間に6月も終わりに近づき、またまたブログを更新するのが遅くなってしまいました。

6月1日・2日と前回と同様にLIXIL広島ショールームにて、

【豊かな暮らしのため家づくりセミナー】を開催しました。

今回も2日間で7組限定という少人数での開催でしたので、

ご参加いただいた方々と双方向で進めさせて頂きました。

セミナーは限られた時間の中ではありますが、家づくりの第一歩として、

非常に大切なことを、お伝えしております。

次回のイベントも考えておりますので、今回ご参加できなかった方も

是非お運び頂けますように、また告知させていただきます。

ご参加いただいた皆様、真剣にお話を聞いて下さり誠にありがとうございました。

皆様の家づくりが、成功致しますように、今後ともお手伝いさせて頂きます。

窓ガラスと快適な空間②

さてさて、【窓ガラスと快適な空間①】のつづきです。

窓ガラスの種類について

・一般的なフロートガラス
最も一般的な、特に機能を持たない透明なガラスがフロートガラスで、
多くの建物で使われています。値段も安価で、割れてしまった場合も、
多くの業者が在庫を持っているため、即日交換ができる場合が多いです。

・目隠しの型板ガラス
家が通りに面していたり、隣の家との距離が近かったりする場所に
使われるのが型板ガラスです。型板ガラスとは、ガラスの片面に模様を
付けたガラスで、いくつかの模様のパターンがあり、食器棚などに
使われていることもあります。

・すりガラス
型板ガラスのように目隠し用途などで使われるガラスです。フロートガラス
の表面に金剛砂などで細かい傷をつけているので、ガラス表面が
ザラザラしています。細かい傷があるおかげで、通過する光が拡散して
やわらかい印象の光を作り、上品で落ち着いた印象になるため、和室
などでよく使われています。逆に、ガラス表面に細かい傷があることで
掃除がしづらいため、浴室や洗面所などでは敬遠されることもあります。

・フロストガラス
すりガラスと見た目は似ていますが、加工の仕方の違いから、表面が
滑らかになっています。すりガラスの表面がザラザラしているのに対し、
フロストガラスの場合は滑らかなため、汚れがついても掃除しやすいという
メリットがあります。

・防火ガラス
お家を建てる場所によっては、都市計画法で防火地域・準防火地域に
指定されていることもあります。防火地域では、建築基準法で窓ガラス
などに防火設備ガラスを使う必要があります。
多く使われている防火設備ガラスが、比較的安価なガラスの中に
ワイヤーが入っているガラスです。ただ、ワイヤー部分が錆びて起こる
錆び割れや、ガラス全体の温度差によって起こる熱割れが起こりやすく、
また、ワイヤーが入っている見た目が不恰好だという見方もあるため、
最近ではワイヤーの入っていない透明な防火・耐火ガラスを選ばれる方も
増えています。

・防犯ガラス 
泥棒の多くは、窓ガラスを割って侵入するため、防犯対策を強化する
お宅では窓ガラスに防犯合わせガラスというガラスを使っています。
合わせガラスとは、2枚のガラスの間に特殊な中間膜を挟んで作られた
防犯や防音効果を付加したガラスです。

・ペアガラス
ペアガラスは複層ガラスとも呼ばれ、2枚のガラスの間に中空層と呼ばれる
空気やガスの層を作り、室内と室外の熱の移動が抑えられる断熱機能を
備えたガラスです。
この断熱効果のおかげで、冬場に暖房を付けても部屋が中々温まらない、
冷暖房費が高い、暖房をつけると結露が発生して掃除が大変といった
悩みを抑えることができます。ただし、断熱効果を高めたい場合には、
気密性の低いアルミサッシではなく樹脂サッシなどを使う必要があります。

・Low-eガラス
ペアガラスの中空層側に、Low-e金属膜加工という特殊な加工を施した
ガラスがLow-eガラスです。加工する面によって、遮熱タイプと断熱タイプ
に分けられ、Low-e加工を室外側にした場合は遮熱タイプに、室内側に
した場合は断熱タイプになります。
夏の西日などによる日射熱で部屋が暑いといった場合は、遮熱タイプの
Low-eガラスにすることで日射熱による温度上昇を抑えることができます。
ただし、冬場の日射熱も遮ってしまうため、冬場に部屋が寒くなってしまう
といった場合は、遮熱タイプではなく断熱タイプが選ばれます。
もちろん、ペアガラスと同じように結露対策にもなります。

・真空ガラス
ペアガラスの間が真空状態になっているのが、真空ガラスです。高い
技術で作られている分、高価格ではありますが、空気が存在していない
ので、非常に高い断熱効果があります。


住宅ではあまり見かけませんが、熱線反射ガラスというものもあります。
よくビルとかでみかける外観が鏡のようなガラスですね。
金属酸化物がガラス表面につけてあります。


最近の新築住宅では、Low-Eガラスが主流になってきていますね。
【素敵空館】の窓ガラスもLow-E仕様となっています。

もちろん、ご希望や設置場所によって、目隠し効果の高いガラスがよいとか
防犯ガラスがよいとかご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお尋ねください。

 

窓ガラスと快適な空間①

まだ5月だというのに、暑い日が続いていますね。
予報では、6月は7月8月並みに暑くなるのでは・・なんて言われていますけど、 
少しでも家の中で快適に過ごすために、窓ガラスのお話をしたいと思います。

窓ガラスと快適ってどう関係があるの?と思われた方も多いと思います。

実は、とっても密接な関係があるのです。

住宅での開口部(窓)の果たす役割には、採光・日射・通風・換気・眺望等が
あげられます。
一方で、1年を通して快適な環境を確保するためには、窓の断熱・日射遮蔽・結露対策が
欠かせません。
というのも、夏に開口部から熱が入る割合は、なんと71%なのです。
ちなみに、屋根 9% 外壁 13% 床 2% 換気 5%だそうです。

また、冬は開口部から熱が逃げていく割合が、開口部が48%なんですね。
屋根は6% 外壁 19% 床 10% 換気 17% となっています。


窓ガラスを断熱・遮熱することにより、快適さは大きく違ってくるのです。

窓ガラスにも多くの種類があり、
用途によってどの窓ガラスを選べばいいのか違いがあります。

とっても長くなりそうなので、続きは、【窓ガラスと快適な空間②】をご覧頂ければ有難いです。


お子様がのびのびと暮らせる家

なかなかブログを更新できないまま平成が終わり、令和という時代が幕をあけました。
この新しい時代に皆様にとって、少しでもお役に立つようなお話を少しずつアップしていきたいと思っております。

今日は、【子育てにおススメの仕様】についてお話しようと思います。

 家探しをされているお客様が、お住まいの購入を考えられるときに、初期の段階で迷われることの一つが「マンションにするか戸建てにするか」 だそうです。
3472713_s.jpg
私たちはお仕事として、お客様のお住まいを「自由設計の戸建住宅」 という形で作らせていただいていますが、もちろん、マンションにも 「共用部分の管理が楽」
「駅に近い場合が多い」といったようなメリットも あります。

 そういった中、先日弊社を訪ねられたご家族は、30代のご夫婦と1歳の お子様の3人家族でした。
こちらのご家族のような、いわゆる「子育て世代」の ご家族は、弊社にお問い合わせをいただく中でも最も多い方たちです。

子育て世代のご家族の中で、戸建て住宅をご検討される方たちから、 私たちが最も多く頂戴するご希望の一つが、「お子様がのびのびと 暮らせる家」です。
マンションではなく、戸建てをご希望される理由は、「子供が家の中でも走り回れるようにしたい」ということを多く伺います。

 たしかにマンションなどの集合住宅では、階下や隣の部屋のご家族に気を使い、部屋の中で走り回るなんてことは、なかなかさせられないですよね。

その点、戸建て住宅の場合、もちろん限度はありますが、ある程度 お家の中を走り回ったとしても、隣の家までダイレクトに音が響く という事は少ないです。
もちろん階下の別のご家庭に迷惑をかける という事もありません。

だからこそ、このメリットをさらに活かすため、家中で最も広いリビングの作りに関して ご好評をいただいている仕様があります。

<子供がのびのび過ごせるリビング>
・1Fリビングと和室を広い間口と引き戸でつなぐ
0066.JPG 0063.JPG                                                                                      
1Fに和室などリビング以外の部屋を作る場合、その部屋とリビングを広めの間口と引き戸でつなぎます。お子様が走り回りたいとき、リビングと和室の間を開け放せば、1つの大きい開放的な空間ができます。
仮にリビングが15帖、和室が4.5帖だった場合、扉をあけ放つことで約20帖の空間ができます。
逆に、お客様がいらした場合などは、扉を閉じて来客スペースに使うことができます。

・リビングの床の高さを一部変える
IMG_7671.JPG
床の高さを少し変えることで、同じお部屋の中でも少し独立した雰囲気を演出できます。
少し高くすると、キッチンのお母さまから見ても目が届きやすくなります。
また、少し低くし、地窓からの採光で特別感を演出することもできます。

・リビングの床を無垢材で作る  
0055.JPG
自然のぬくもりを感じ、裸足で気持ち良く過ごすことができます。
また 化学物質を使わない健康的な住まいになります。

弊社では、戸建ての強みである、「お隣さんや階下の家庭に迷惑をかけることが 少ない」このメリットをお子様のために最大限生かせるよう、
間取り構成 などをご相談させていただいています。
是非お気軽にお問い合わせください。