四畳半の楽しみ方

家で過ごす時間が多くなった今、

資格を取得したり習い事や趣味を

始めたりしている方が増えているそうですね。

習い事といえば、ピアノや、茶道・華道、

ウクレレが人気とか他にも色々とありますが、

今回は、茶道に関するお話です。


茶室は、簡素な庵(いおり)を意識して作られた

もので茅葺きや板葺きの屋根、茶室に向かう

露地の飛び石や、湧き水をイメージした

蹲踞(つくばい)がある主に正方形の部屋。

※蹲踞=背の低い手水鉢のこと

4620050_s.jpg4670643_s.jpg


広さは方丈、つまり1丈(10尺=約3m)

四方なので、畳を敷くと四畳半の正方形ですね。

4219096_s.jpg


四畳半というと、人と人の距離が密になり

無駄な物を置くスペースが確保できません。


しかし、お茶を点てて客人に振る舞う点前に

集中できる極小空間である事こそが、

千利休が目指した侘び寂び、侘茶だそうです。

小さな四畳半ですが、採光には工夫

なされており、2枚引の障子戸にするのを止めて、

60センチ四方のにじり口にして光を遮り、

土壁に窓を小さく開けて、

スポットライトのような感じで光が差し込むように工夫し、

光と影のコントラストを生み出したそうです。

177503_s.jpg

利休の時代、茶人の中心は

主に都会に住む町衆達だったそうで、

都会にいながら山里の空間を楽しめる茶室を

心より楽しんでいたとの内容も残されています。


四畳半という小さな空間でも、用途を明確にしたうえで工夫する事により
特別な空間として輝かせる、日本人の技と心。


家づくりでお悩みの方や、新築やリフォームをお考えの方、

お気軽に、弊社までご相談ください。

家のスタイルって?②

前回からの引き続き、家のスタイルのお話をしたいと思います。

〇和風スタイル

「和風の家」と言えば、土間や床の間、小上がりなど
古風でありながら、遊び心あふれる間取りです。

和風スタイル.jpg

そこに暮らす人が心からくつろげる
どこか「懐かしい」心地よさを暮らしに取り入れたスタイル
ですね。

弊社でお手本にしたのは、つい100年ほど前までの「家づくり」

太い柱や丈夫な梁を、匠の技で組み上げられた家々。

更に実は経済的でもある、暮らし方を現代に蘇らせたのが『和風スタイル』です。

古いものと新しいものをミックスした

「壊かしいけど新しい」

どんな年代の方にも愛される、そんな暮らしかもしれませんね!

〇北欧スタイル

インテリアでは大人気の北欧スタイルですが、
無駄が無く、シンプルで飽きの来ないデザインや
厳しい寒さに耐える工夫がされた高性能な家です。

北欧スタイル.jpg

日本と北欧の環境や文化はよく似ていると言われおり
こういった共通点も、日本で人気の理由かもしれませんね。

また、北欧ではもともと、厳しい寒さから家に居る時間が長く
家の中を居心地の良い空間に造り上げる習慣があるそうです。

白い壁は、日照時間の短い冬でも、家の中に日光を
取り入れたいという、北欧ならではの知恵なんだそう。

弊社は、真っ白な「塗り壁」と「無垢材」の質感を利用した北欧スタイルも大得意です。

スタイルも、外観を含め実に様々です!

ですが、一番重要なのは「自分に合ったスタイル」を選ぶことです。

「何か、参考になるものが欲しい...。」


とお考えの方は、お気軽にご相談ください。


実際の家を見ながら、イメージを固めてみてはいかがでしょうか♪

家のスタイルって?①

こんにちは。緊急事態宣言が延長されそうですね。
もうしばらく我慢の日々が続きますが、共に乗り越えましょう。

さて、いよいよ家づくりをスタートという時に

自分の理想の「家のスタイル」を言葉にして伝えるのは中々難しいものです...。
既に経験された方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、いくつか「家のスタイル」のイメージをご紹介したいと思います。

〇オープンスタイル

部屋の中の間仕切りが少なく、その名の通り
「オープン」な空間を造りだします。

オープンスタイル.jpg

風通りが良く、開放的です。

「家族とのコミュニケーションを大切にしたい。」 
 「人の気配が感じられる家にしたい。」

という方お勧めのスタイルですね♪

また、カバードポーチ(屋根付きのバルコニー)を
付けると外観は、まるで西海岸...。

屋根付きバルコニー.jpg

アメリカのドラマに出てきそうな家です。


〇ミニマムスタイル

自分たち家族にとって、日々の生活に本当に
必要な広さと設備を最小限のレベルで考え
無駄を省く事によって実現できる空間があります。

ミニマムスタイル.jpg

また、コンパクトな暮らしを実現する住まいは
適正なコスト配分も可能になります。

ですから、
「本当はもっと○○にこだわりたかったけど、予算が...。」

といった事を防ぐことが出来ますね!

何となく、大きい家がいいと考えるよりも
暮らしをより豊かにするために必要なものは何か
を考えたスタイルです。

住宅購入時のトラブル③

こんにちは。
今回も前回から引き続きのお話です。

③ 住んでみると、想像と違った

注文住宅は、一からお客様と家を創り上げていきます。
何事も失敗しないためには経験が必要です。

【満足できる家を建てられるのは3回目である】
と言われているそうですが、3回も家を建てる人はそう多くないですよね。

だからこそ、弊社では職人さん方も含めて
何度も打ち合わせを行い、お施主様の「想い」をしっかりと形にして造り上げていきます。

ちなみに...

斬新なデザイン、吹き抜け、曲面壁面、らせん階段など、オシャレで視覚的に満足できる
間取りにこだわって「家づくり」をしたいと考えている方もいらっしゃると思います。
1346046.jpg1673666.png
もちろん、それも素敵なのですが...

しかし、吹き抜けがあるとないとでは、あるほうがどうしても冷暖房費がかかります。

曲面壁面もオシャレですが、場所によっては家具が置けず
らせん階段は上り下りしずらいところもあり、住み心地の点で言えば、
「かゆいところに手が届かない」そんな家が出来上がってしまうかもしれません。

また、間取りによっては、耐震性が低くなることも多いようです。

家は、安全安心で、快適に生活するためにあります。

どこを重要視するか、メリット・デメリットも
しっかりと把握して、納得できる家づくりをしましょう。

住宅購入時のトラブル②

こんにちは。広島県に緊急事態宣言が発令されましたね・・
弊社スタッフもPCR検査を受けました。結果は全員陰性でした。
ひとまずホッとしましたが、まだまだ気の抜けない日々が続きますね。

また、例年より22日も早く梅雨入りしましたね・・
ジメジメする季節がやってきました。
緊急事態宣言と合わせて、気が滅入りそうですが、
なんとか、ここを乗り切りましょう!!

さて、今回は、前回からの続きのお話をしますね。

② 隣地境界ギリギリでトラブル発生!

民法の規定によると、隣地境界線と壁面までの距離は
50cm以上離さなければなりません。
境界杭.jpg

ですが、耐火建築物の場合や慣習的に既に密集している地域で
隣人の許可が得られている場合は、50㎝未満でも良いこととなっています。

昔は、上記以外の地域で、この規定を守っていない場合も多く
隣地境界線と壁面までの距離が20cm程度しかないものもあったようです。

これでは外壁やエアコンの室外機、または給湯器、ガスメーターなどの
点検・修理・交換などができず、保障の切れるおおよそ10年後にトラブル
を生じかねません。

では、なぜこのような違法行為が可能だったのでしょうか...?
例えば、2棟以上の建売住宅では「売る前」であれば隣地は同じ業者のものであるため
隣人の許可があらかじめ得られているからです。

しかし、いったん売ってしまえば、隣地は他人のもの。
建物の間に入ることはできません!

一部の業者は、特定の理由がある場合に限り、隣地に入って点検・修理・交換などを
することを認める条項をつけています。

しかし、特定の理由というものが将来起こりうるすべての事項を
網羅しているわけではありません。

また、将来的に隣人が敷地の所有権を主張することはよくあることのようです。
更に...地震や火事や寿命などにより、将来建て替えるときは50cm以上離して
建てなければならないため、現在の家より極端に狭い家しか建てられなくなってしいます。

その結果、家が狭すぎて使い物にならない場合も...
すると土地の資産価値も著しく低下します!
特に、不整形な土地や狭小地ではなおの事です。

住宅購入時は、壁面から敷地境界線までの距離が
最低でも50cmは離れていることをしっかりと確認しましょう。

住宅購入時のトラブル①

さて、弊社は注文住宅の会社です。毎日、「家づくり」と真摯に向き合っております。

が!今回は「注文住宅のよさ」から少し離れ、なかなか業者側が言い出さない悪い例
について、いろいろなケースを想定してご紹介したいと思います。

① インナーガレージで車のドアが開けられない!

9.png

車の寸法は、一般的に幅が1.8m、長さが4.5m程度あります。
ですが、規格住宅や建売などの場合、幅が2.1~2.5m程度となっていることが多いそうです。

2.5mの幅では、車のドアの開閉ができる限界で、
それ以下では乗り降りするのも難しいでしょう。

ましてや、車庫の奥に家が建っていて
車の横を通って家に入らなければならないタイプの場合、
車の横が狭いと、車庫からは家にすら入れません!

そして、もうひとつ重要なことは、自転車置き場がないことです。

1128005.jpg

そのため、実際には(軽自動車を除いて)車庫として利用することが難しく
駐車場は別途借りるケースも少なくないそうです。

つまり、車庫は自転車置き場兼物置として使われているのが実態です...

駐車場代という固定費は思わぬ出費となり
車を手放さないと、家計には大きな打撃となります。

駐車スペースのない土地というのは珍しいかもしれませんが
インナーガレージを検討される場合は、不適切な設計や設計ミスによるトラブルに注意しましょう。

因みに...

インナーガレージは、容積率には含まれませんが、
建築面積には算入されます。

収納「場所」②

こんにちは。昼間は暑い日が続いていますね。
広島でも新型コロナウィルスの感染状況が拡大傾向にあり
まだまだ気の抜けない日々が続きそうですね・・・

さて、前回からの続きです。

2.パントリー
パントリーとは、キッチンの裏にある、食品などを
保存・保管しておくための収納スペースのことです。
パントリー.jpg

さまざまな調味料や食材をストックしておきたい料理好きの方や
週末などに食材をまとめ買いするという方お酒好きの方にはとくにオススメの収納です!

棚や引き出しといった家具の数を減らせるのでキッチンスペースをスッキリ見せることができます。
また、「家事室」と兼用にする事で、収納だけでなく
アイロンがけやパソコンを使う際のデスク代わりにも。

3.床蔵収納
「敷地の条件などでどうしても希望通りの収納を確保できない...。」

といった場合にオススメなのが、「床下収納」「階段下収納」です。
小さなものから大きなものまで色々収納できる便利なスペースとして使うこともできます。

因みに...建築基準法では
「天井高1.4m以内でかつ1階の床面積の2分の1以内の広さなら床面積に含まれない」
と規定しています。

その規定内であれば、床蔵で中2階をつくっても
その分は固定資産税がかからない点も大きなメリット!
蔵収納.jpg

お住まいの空間を最大限に有効活用することができます(o^―^o)

快適に生活するうえで、豊富な収納は欠かせないもののひとつですが
何でもいいというものではありません。

重要なのは、ご家族のライフスタイルにマッチした収納を適した場所に用意すること♫

居住スペースの間取りを考える時と同じように
どんな場面で、どんな収納が必要になりそうかをイメージしながら
自分たちに合った収納を考えてみると良いでしょう。

収納「場所」①

家を建てる際には、外観や内装、間取りなど
さまざまな点にこだわりたいですよね♪

そして、「快適な暮らし」を実現するために多くの方がこだわるのが「収納」です。

「収納はとにかく多くして欲しい!」  と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが
実は重要なことは、それだけではないんです。

「快適な収納」には「量」だけでなく「場所」も非常に重要なポイントになります。

「場所」が重要な理由は、「生活動線」にあります。

大きな収納をつくったとしても、目的やご家族の生活動線とマッチしていなければ、
使い勝手の悪い"不便な収納"になってしまうことも。

そこで、場所を重視した便利な収納をご紹介します(o^―^o)

1.土間収納

土間収納.jpg

居住空間を重視しすぎたせいで、玄関が狭くなって収納に困る方は
実は少なくないそうです。

土間収納は、そんな玄関にオープンスペースや
シューズクロークなどを設けたもの。

最初は「あまり使わないのでは」と思われる方も多いようですが、
実は使い勝手抜群の収納。

靴や傘だけでなく、例えば...
合羽、自転車、三輪車、ベビーカー、園芸用具、掃除用具などなど!

土間収納は、このような

「外に出しっぱなしは嫌だけど、室内に入れると汚れてしまう」

......というものを収納するのにピッタリなんです(o^―^o)

外から帰ってすぐに収納し、出かけるときにサッと使える
まさに生活動線を考えた収納といえるでしょう

素敵空館のインスタグラムにも土間収納の事例を
載せておりますので、気になられた方は、
是非チェックしてみてくださいね。
@suteki-qookan


家づくり計画②

今回は『土地探し』が先か『パートナー探し』が先か?についてです。

早速ですが...お勧めするのは「家づくり計画①」でご紹介した通り

『パートナー探し』⇒『土地探し』『です!
74129c52fa826cedc24dcd54afa1134b_s.jpg
3338032_s.jpg

絶対にそうでないといけない、というわけではありませんが
この順番には3つのメリットがあります。

① 諸費用

土地を先に決めた場合、多くの場合で融資の申し込みが土地と建物で2回に分かれます。

その場合、2回分の手数料がかかってしまいますね。
つまり、これを一つにまとめてしまえば諸費用を抑えることが出来るんです。
4551737_s.jpg

② 予算

家を購入するときには、予算、つまり上限が決まっています。
340235_s.jpg

この予算の中には、土地+建物+諸費用が含まれていますが先に土地を決めてしまうと、
どうしても土地にお金をかけてしまう事が多い様です。

もちろん
「絶対に、土地にこだわりたい!」  「そのためなら、建物はとにかくローコスト良い!」

という場合は良いのですがいざ家について考えてみた時に
「え!?この予算では出来ないの?」  「やっぱり、家にもこだわりたかった...」
となってしまう事も十分に考えられます。

つまり、予算配分が上手くいかなくなる事が多い様です。

③ 制限

土地は、買ってしまえばどんな家でも建てられる
というわけではありません。

また、家を建てるために必要な工事もかわってきます!

地盤改良工事も、その一つですね。
地盤改良.jpg

軟弱地盤なのか、比較的強い土地なのかによって工事の方法が変わってくるんです。

そうなると、当然かかる費用も違います。

ですが、『土地探し』をする際に
その土地にどんな制限があるのかは、よく分かりませんよね。

だからこそ、プロと一緒に探すことをお勧めします。

(不動産屋さんも、もちろんプロですが
工務店とは、見るポイントが違っている場合が多い様です)

分からないことが多い「家づくり」。

まずは自分たちの状況をしっかりと把握し
(いつまでに建てたい、予算はいくらか、必要な広さは...などなど)
その上で、まずはパートナー探しをされてみては
いかがでしょうか。
2376282_s.jpg

家づくり計画①

4月になりましたね~、暖かい(暑い?)日も続いておりますが、
桜も散り始め、今年も入学式には桜は難しそうな感じで残念です。

色々な節目を迎える時期でもあり、そろそろ家づくりを考え始める方も
大勢いらっしゃると思います。
今回は「家づくり」をスタートさせるにあたり、やっておきたいことについてのご紹介です。

先日の相談会でもご質問の多かったものの一つがやはり「資金」について・・・
2.png
沢山の方にとって、『家』は一生に一度の買い物です!

もちろん、だれもが失敗したくないことでしょう。
では、失敗しないために何をすればよいのでしょうか?

「家を建てる!」
と決めても、土地、建物、ローン、登記等の手続きなどなど...
やらなければいけないことは、次から次へとやってきます。

時には、上手くいかず行き詰ってしまう事も・・・
なので!まずは、以下のチェック項目ごとに
課題をクリアしていきましょう♪

1.保険の見直し
2.資金計画
3.諸費用の計算
4.誰に家づくりを任せるか決める
5.パートナー(業者)と一緒に土地選び
6.住宅ローン選び
7.火災保険選び
8.引き渡し、引っ越し


保険の見直しについて
1933354.png

住宅ローンは30年や35年といった長い返済期間を設けることができます。
ですがこれは、現実が見えにくくなるという特徴があります。

例えば、家づくりの勉強をしようということで、住宅展示場に足を運んだ場合...

創りこまれた展示場を見て回っているうちに、
簡単に同じような家が建てられるような錯覚に陥ることがあります。

「収入めいっぱいのローンを組んで、35年で返済していけば大丈夫!」
だと...。
これは、住宅展示場のマジックでもあります( *´艸`)

ライフプランをきちんと計画していくと、収入ギリギリの返済が
とても難しいものだということがわかります。

ローンを組んでから見直すのでは遅いのです。

そして、どのくらいの返済が「適切」なのかを知るためには
家庭の収支をしっかりと把握して、見直す必要があります。

無駄な支出は一切なくすつもりで保険を丁寧に一つ一つ見直せば
案外、家づくりに掛けられる資金が増えるなんて事もありえますよね。


資金計画
1.png

資金とはいっても、建物にはいくらかけられるのでしょうか?

資金(予算) × 約15% = 諸費用 としてかかってきます。

つまり

資金(予算)- 諸費用 =
 土地と建物にまわせるお金
 となります。

また、借入額を決めるうえでの大きなポイントは、年収を 税込ではなく
手取りで考えることです。

年収の手取り額に対する余裕をもった返済額(/年)の目安は   5分の1以下!

いくら借りられるかな~と、銀行のローンシミュレーターに任せると、
ほとんどの場合、分母が税込金額になりもっと借りられるような錯覚を引き起こします。

因みに、ローンが増えると必然的に
諸費用や固定資産税額もアップしてしまうのも気を付けておきたいですね!